筋トレは腰痛のもと

腰痛予防の体操とか腹筋背筋のトレーニングして腰痛になるというトホホな人は意外と多いのです。

腰痛にならないようにトレーニングして腰痛の悪化、笑ってしまいます。

その他、意外ですが腕立て伏せして腰痛になるパターンもあります。

筋肉って単体では動きません。

どういうこと?

片手を腰に手を当ててもう片方の手をいろいろ動かしてみて下さい。

腰のあたりの筋肉が動きますよね。

腕だけを動かしても腰や股関節も動いているのです。

カラダの筋肉って相互作用しているのです。

一か所だけ鍛えても全身トータルで鍛えないと意味がないのです。

どっかを鍛えて強くしても、どっかが弱いまんまだと不協和音が生じて弱い部分に負担がドカっとかかるのです。

女性に多いのがウエストを細くしようとして腹筋ばっかりしている人がいますが、肩こりや腰痛を誘発する危険性もあります。

トレーニングは一か所だけ集中してやるのはどっかにシワ寄せがきますよ。

ちなみに私は昔、背筋のトレーニングをして腰を痛めたことがあります。

筋トレが悪いということではありませんが、やるなら全身のバランスをということです。

全身がめんどくさいなら、やらないほうがマシでは?なんて考えてしまう私です。

ちなみに腰痛予防に腹筋や背筋を鍛えて外側を鍛えても、中のインナーマッスルも鍛えないと意味がないようです。

筋トレってめんどくさいですネ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中