肩こり、腰痛は患部にあらず

ご存知の方も多いと思いますが、肩こり、腰痛は患部をゴリゴリ揉んだり、叩いたりしていると悪化するだけですよね。

湿疹を搔きむしって血だらけになるのと同じ。

経絡のツボや反射区を利用して幹部から離れたところから弛めるのが効率的。

ストレッテもいいですが、伸びきった筋肉をさらに伸ばすのは危険。

下手するとブチッと音を立てて切れてしまいます。

西洋医学の欠点は患部しかみないこと。

エックス線とかMRIとかでどんなに細かく調べても異常なしで終わり。

でも痛くてたまらいというのは多いのです。

ということは患部の痛みは患部にあらず。

私もお客様を施術していて実感しています。

凝り固まった患部を揉んだり叩いたりしても患部は緩みません。

あなたの肩コリは腰からきているかも。

あなたの腰痛は首からきている場合も多いにアリなのです。

そうです。首、肩、腰、足は連動しているのです。

単体で存在しているのではありません。

さらに付け加えると内臓とも連動しているのです。

そして精神状態、はたまた気圧とも関係しています。

お忘れなきよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中