マーガリンは毒なのに市販のパンにはテンコ盛り

数年前からマーガリンの毒性が暴かれましたよね。

しかし市販のパンの成分表をチェックするとまだまだマーガリンがびっしり入っています。

洋菓子にいたっては入っていないのを見つけることが難しいくらいです。

私もできる限りマーガリンをカラダに入れないようにしているのですがなかなか難しいものです。

とはいえ成分表にはしっかり「マーガリン」と明記されているわけですから、食べるか食べないかは消費者の自由ということでしょうか?

トランス脂肪酸とか植物油が毒らしいのですが・・・まあプラスチックを食べているのと同じだということ。

アメリカではトランス脂肪酸の含有はしっかり取り締まられているようですけど。

まあ、毎日食べなければ大丈夫と思いますが。

一年間冷蔵庫に入れたままでも劣化しないマーガリン。不気味です。

今となっては植物油自体、毒だと言われています。

たとえ低カロリーのマーガリンでも毒は毒。

カロリーが低いからなんでもヘルシーなんてアホな考えはしないことです。

洋菓子の中にはバターとマーガリン両方入っているのがありました。どういうこと?

ある缶コーヒーには砂糖と人工甘味料が両方入っているのもあります。理解不能。

加工品の成分はしっかりとチェックする習慣は必要ではないでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中